ピコジェネシス|赤坂ビューティークリニック

診療内容
  • レーザー脱毛
  • わきが・多汗症治療
  • メディカルダイエット
  • しみ治療
  • ピコジェネシス
  • ピコトーニング
  • 肝斑レーザー(VRMIV)
  • オーロラ
  • SOLARI(ソラリ)
  • ピコYAG
  • シミ取りQスイッチYAGレーザー
  • ホクロ取り
  • しわ治療
  • たるみ	治療
  • にきび・にきび跡・毛穴治療
  • イオン導入
  • プチ整形・美容内科(注射・点滴)
  • ドクターズコスメ
  • アートメイク
HOME > 診療内容 > しみ治療 > ピコジェネシス

しみ治療

ピコジェネシス 料金表はこちら

ピコジェネシス

肝斑と毛穴の両方が気になる方へ。
顔全体には肝斑に効く「ピコトーニング」 を行い、
鼻には毛穴に効く「ピコフラクショナル」を行います。
肝斑と鼻の毛穴を 同時に治療することができます。
当院では、厚生労働省承認機であるキュテラ社の
「エンライトン」を使用します。

肝斑と毛穴の両方が気になる方へ

ピコレーザーを 導入するにあたって・・・

ピコレーザーは、通常のレーザーと比べ、1発あたり1000倍短い時間で照射されます。このことにより1発あたりの瞬発力が高くなり、より効率的にメラニンを分解できるのが特徴ですが、ピコで発振する技術が難しいのです。

当院では、ピコレーザーを導入するにあたり、厚労省承認機である米国キュテラ社製の「エンライトンSR」にするか、中国製や韓国製の未承認機にするか迷いました。なぜなら、本体価格が10倍近く違うからです。
「ピコ秒」で発振する技術がとても難しく、厚労省の承認がなかなか取れないのが現状です。
厚労省の承認が取れていないピコレーザー(中国製など)は、本当にピコ秒で出ているとは限らないのです。

厚労省承認機は、その「効果」「安全性」「副作用の少なさ」を国からお墨付きがでていることを意味しますから、大切なお肌に照射するからには、値段で選ぶべきものではない、と考えます。

当院にお任せください

また、機器は厚労省承認の同じでも、誰がどのように照射するかにより効果は、まるっきり変わります。
当院ではレーザートーニング経験8年の院長が施術を担当させていただきますので、ピコレーザーで本当の効果を求める方にはおすすめです♪

厚生労働省承認機の“エンライトンSR”を使用します。

「ピコレーザー」とひと言で言っても、世界で何十種類もメーカー違いがあります。そのほとんどが、厚生労働省の承認が取れていません。 厚生労働省承認というのが意味していることは、「効果」「安全性」「副作用の少なさ」などを、国からお墨付きがあることを意味します。

厚労省承認番号:22800BZX00138000

ピコジェネシスの料金

赤坂ビューティークリニックのピコジェネシスでは2つのことを行います。

詳しい料金はこちら

ページのTOPに戻る
ご予約・お問い合わせ メールでのご相談・お問い合わせ メールでのご予約