長期持続型しわ注入製剤エランセ|赤坂ビューティークリニック

診療内容
  • 医療レーザー脱毛
  • わきが・多汗症治療
  • メディカルダイエット
  • しみ治療
  • しわ治療
  • L-CAT 高濃度PRP療法
  • ヒアルロン酸
  • ボトックス
  • エランセ
  • ゼオミン
  • たるみ治療
  • にきび・にきび跡・毛穴治療
  • イオン導入
  • プチ整形・美容内科(注射・点滴)
  • ドクターズコスメ
  • エステティックメニュー
HOME > 診療内容 > しわ治療 > エランセ


ついに発売!オランダで生まれた、スーパー長期持続型シワ注入製剤

他のシワ注入製剤「アクアミド」や「ダーマライブ」、「レディエッセ」も持続が長いのですが、体内へ吸収されない非吸収成分、つまりカラダにとっては”異物”になるので、安全性に疑問があります。

この「エランセ」は、PCL(ポリカプロラクトン)という、脳外科や形成外科、心臓外科などで、長年外科領域で用いられてきた吸収される縫合糸(溶ける糸)の原料からできています。PCLといえば、昨年韓国からブレイクした、毛髪よりも細い溶ける糸をお顔に入れてリフトアップする「ショッピングスレッド」も、まったく同じ素材になります。

それに加え、CMC(カルボキシメチルセルロース)という、セルロースとグリセリンと水を加えたものが「エランセ」で、それ自体いずれ水と二酸化炭素に分解され完全吸収さる『全吸収型の注入製剤』なので、安心です。吸収されつつ、その周囲にコラーゲン新生を促すので、理想の形を長期に渡り、持続できます。

エランセにはその持続期間の長さが4つのタイプがあり、type Sの1年、type Mの2年、type Lの3年、type Eの4年となります。(粘稠度、弾性力、適応部位などは同じ。)価格は、持続性が長いタイプほど高くなります。

これは通常のヒアルロン酸のような美容フィラー(皮膚充填剤)とは比較にならないほどの長期持続性です。半年など度々ヒアルロン酸注入をすることを考えれば、コスト的にも来院回数的にも、エランセは大変魅力的な長期持続型注入製剤といえます。

エランセをご検討されるお客様へお願い
エランセはヒアルロン酸各種に比べて効果が持続します。逆に言えば、たとえ気に入らなかったとしてもそのまま1年?4年後まで元に戻すことができません。

価格

  • ※注入部位に数日、むくみが生じることがあります。
  • ※注入部位に1週間程度、内出血がでる可能性があります。
  • ※エランセLが、もっとも人気があります。
  • ※エランセは、目周囲には適応がありません。
  • ※エランセは溶解注射ができません。



エランセ料金

ご予約・お問い合わせ メールでのご相談・お問い合わせ メールでのご相談・お問い合わせ メールでのご予約