ちょっと待って!あなたのスキンケア間違ってませんか?

2015年3月26日

本当は逆効果の肌対策!あなたがやっていた勘違いスキンケア法はどれ?

お肌のために皆さんは何をしていますか?多くの人は、毎日何かしらのスキンケアをしているのかもしれません。
最近では、男性もスキンケアをする人が増えている傾向にあるようで、性別に関係なく、美容意識が高まっている証拠だと言えそう。
しかし、間違ったスキンケアは身を滅ぼすことにもなるんだとか。
せっかくきれいになるためにやったのに意味がなかったとなると、時間とお金を無駄にしちゃいますから、スキンケアの方法は知っておくべきかも?
今回は「勘違いスキンケアの方法」について聞いてみました。

【質問】
本当は逆効果の肌対策!あなたがやっていた勘違いスキンケア法はどれ?

【回答数】
がっつりクレンジング:24
熱めのお湯で洗顔:17
ナイトクリームをたくさんつけて寝る:15
顔をパッティングして化粧水をしみこませる:31
その他:13

顔をパッティングして化粧水をしみこませるのはダメ!

回答者の中で、1番多く回答されたのが「顔をパッティングして化粧水をしみこませる」でした。回答者の中には、現在も行なっている人もいるようです。

・顔をパチパチと叩けば叩くほど化粧水が肌にどんどんしみこむのだと思っていましたが、そうではなかったようです…。

・パッティングをすればするほど肌に化粧水がしみ込むんじゃないかと思っていました。

・パッティングのし過ぎで赤くなったことがあります。やりすぎはだめですね。

・えっ?これ逆効果なんですか?なんとなくパッティングしてしまいます。

パッティングをすると、化粧水がしみこみやすいとい思っていた人が多いようですが、特に効果はなく、しすぎで顔が赤くなるなど、逆に肌を傷めてしまうことにもつながってしまうんだとか。このアンケートに回答して、詳細を知ったという人も少なくなく、現在実践中の方は、肌をボロボロにしてしまう前にやめておくべきかもしれません。

間違ったクレンジングしてませんか?

次に、その他の回答ですが、数多くの「勘違いスキンケア」があることが分かります。普段のスキンケアを見直す必要があるかもしれません。

・がっつりクレンジングですね。ゴリゴリしすぎて肌荒れしたことがあります。

・今までちょっと熱めのお湯が肌に良いと思っていましたが、肌に必要な皮脂までとると聞いてやめました。

・保湿が重要と聞いたのでクリームをたくさん塗ったらニキビが大量に出来てしまって、最悪でした。

・自分のケアはしっかりと情報を集めているので大丈夫です。

がっつりクレンジングはやり過ぎると肌荒れを起こしやすく、熱めのお湯での洗顔は温度が高すぎると必要な皮脂までとってしまうようです。また、保湿クリームを塗りすぎるとにきびができるなど、どの方法も限度以上のことをしてしまうと、肌に悪い影響を与えてしまうことが分かります。しかし、その他の意見の中には、しっかりと情報を集めてスキンケアしているという声があり、実践する前に一度調べることが、失敗をなくす方法だと言えそうですね。

スキンケアのやりすぎは逆効果になります!

今回のアンケートの結果を見ると、どの方法も実践している方は多いようです。
しかし、方法自体が問題ではなく、やり過ぎることが肌に悪影響を与えてしまう原因になっていることが伺えました。
もしかしたら、事前に正しいスキンケアの情報を手に入れることが大切になるのかもしれません。
自分で調べることはもちろんですが、プロの方に教わるということも必要になるでしょう。
今のスキンケアに不安を抱えている人は、一度見直してみてはいかがでしょうか。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:女性
  • 調査期間:2015年02月03日~02月17日
  • 有効回答数:100サンプル

関連記事

Top