紫外線が強くシミにもなりやすい夏!やっかいな肌トラブルは?

2015年3月26日

夏秋の肌ダメージで一番やっかいなのは?

紫外線の強さや気温、また湿度などの肌へのダメージが多い夏!シミをはじめとする肌トラブルが起こりやすい季節となり、鏡の前に立つのが憂鬱になってしまうかもしれません。みんなが思うやっかいな肌トラブルとは、一体なんなのでしょうか。
そこで今回はアンケートを行い、起きてほしくない肌トラブルは何か?について聞いてみました!

【質問】
夏秋の肌ダメージで一番やっかいなのは?

【回答数】
急にシミが増える:18
日焼け:57
毛穴の黒ずみ:7
脂っぽい:13
その他:5

夏の日差しによる日焼けが一番やっかい!

6割の人が、日焼けと回答しました。

・日焼け止めを塗りすぎると重い感じになってしまうし、きちんと塗らないと汗で落ちてしまうので、夏秋の日焼け対策は大変です。

・夏はどう頑張っても日焼けしてしまうので、やっかいです。肌が弱いので、日焼け止めも、かぶれてしまいます。日焼けをすると、のちのちシミやそばかすができてしまうので嫌です。

・夏に日焼けをしてしまうと、なかなか落ちず、冬ごろにはシミになるので。

・一度焼けると、シミ、肌荒れ、そばかすと色々なトラブルに見舞われます。後の手入れが大変なので、焼けないようにしっかり対策します。

日焼け止めの対策をすればいいものの、汗をかいて落ちてしまうため、かなり気を遣ってしっかりとケアをしないといけないのが日焼けのようです。日焼けしてしまうと、シミなどにつながり、夏を過ぎてからも後悔すると考えている傾向があるようです。

日焼け以外にも、シミや脂も困ってしまう

1位の日焼けの次は、「急にシミが増えること」と答えた人が18名となり、次いで「脂っぽい」が13名、「毛穴の黒ずみ」が7名という結果となりました。

・紫外線をいっぱい浴びてしまって、後々シミになるのが恐ろしいです。

・紫外線でシミが増え、春になっても一年後の夏になっても、シミからくすみに変化している。

・ただでさえ脂性なのに、夏はそれがひどい。3時間おきに石けんで洗顔しないとべたべたして気持ち悪い。

・鼻の頭の毛穴の黒ずみがとにかく気になります。触ったりお手入れしすぎると余計にダメって言われてお手上げです。

夏の強い紫外線によるシミは、後にも残ってしまうため、なるべくなら避けたいですよね。脂っぽくなってしまうことや毛穴の黒ずみなど、それぞれに特別なケアが必要になるものも、厄介だと思われているようです。

夏のダメージを防ぐためにもなるべくこまめに肌ケアを!

アンケートの結果、夏に起きてやっかいだと思う肌トラブルは、紫外線のダメージによるものが大半のようでした。
特に日焼けはシミにもつながりますし、シミになってしまうとすぐに治すことが難しいので、なるべく避けたいですよね。
汗をかくことや気温の変化によって、日焼け止めが落ちてしまったり、脂っぽくなってしまったりしてしまうので、夏の肌ダメージを最小限にしてきれいな肌を保つためにも、こまめに肌のケアをしてあげるのがいいのかもしれません。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:女性
  • 調査期間:2015年02月03日~02月17日
  • 有効回答数:100サンプル

関連記事

Top