30歳が一つの節目!お肌で悩むのはシミ?シワ?それとも?

2015年3月26日

30歳を過ぎてから現れた肌の悩みは?

お肌の老化は何としても食い止めたいと願う女性は多いのではないでしょうか。
いつまでも若々しく、みずみずしいお肌を保ちたいのは当然のことかもしれませんよね。しかし実際は加齢とともにシミやシワ、たるみなどに悩まされることもあると言えます。30歳を境にして鏡に映る自分のお肌に不満を抱える方もいるかもしれません。
そこで30歳を過ぎてから現れた肌の悩みについて、アンケートで調査してみました。

【質問】
30歳を過ぎてから現れた肌の悩みは?

【回答数】
シミ:28
シワ:26
たるみ:22
肝斑:4
その他:20

若い時に疎かにしていたツケが回った!?シミが一番の悩み!

アンケートの結果「シミ」と回答した方が28人と最も多くなりました。

・30歳を超えてから、今までは自分だけ気にしていたが周りからもシミの指摘が出るようになったから。

・20代の頃には全く悩まなかったのですが、ニキビ跡などが治りにくくなり、最終的にシミとして残ってしまうようになりました。

・ちょっとケアを怠ったら、小さなシミが頬のあたりに実際出てきているから。

・20代の頃にはなかったけど、妊娠出産を経てシミが出来始めてショックです。

・若い頃、紫外線対策をあまりしていなかったので、30代になってから、目の周りのシミが急激に目立ち始めた。

20代の頃は…という回答があり、30歳を超えると様々な肌の変化が見られることが分かりました。若い頃にケアを怠ったことで、後になってそのツケが回ってきたとも言えるでしょう。回答にあるように、少しケアを怠るだけでシミが出来てしまうことからもスキンケアの重要性が伺えます。また、出産後にシミが出来始めた方がいることも分かりました。

シワやたるみ、肌の回復力にも年齢を感じる!

一方で、2番目に多い回答が「シワ」の26人、それ以下は「たるみ」22人、「その他」20人、「肝班」4人と続きました。

・写真を撮った時など、ほうれい線のシワが30歳になった頃から気になり始めました。

・どうしても肌の潤いがなくなり、それと共にシワが消えなくなった。

・昔は気にならなかったたるみが最近出てきたことに驚いたと同時に老けたなぁ~って思った。

・ニキビ跡の治りが遅くなり、シミのような跡が長い期間続くようになったこと。

・頬骨のところにできた肝斑が悩み。一気に歳を感じさせて悲しい。なんとかしたい。

以前は気にならなかったものも30歳という年齢を境にして気になるようです。シワが消えない、ほうれい線が目立つ、たるみが出てきたなどを実感するようになることが分かりました。確かに、20代と30代とではお肌の質感が大きく異なるものでしょう。回答にあるように、ニキビ痕の治りが遅いことに年齢を感じるのも頷けますね。

今からでも遅くない!今できるケアを今のうちに!

今回のアンケートではシミと回答した方が28人と最も多くなりましたが、その理由としては若い頃には無かったものが出始めた、また周りに指摘されるようになったことがあるようです。その一方で、シワやたるみと回答した方がそれぞれ2割以上いるように、全体的には個人差がある内容になりました。女性にとってお肌のトラブルは死活問題とも言うべきものですよね。
特に20代と30代での肌の違いに老化を感じる方が多くいましたが、30代でのお肌ケアを怠ると、その先の老化が心配されますので、今のうちにできる対策を適切に行なうのが大切なのかもしれませんね。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:女性
  • 調査期間:2015年02月03日~02月17日
  • 有効回答数:100サンプル

関連記事

Top