キレイに済ませたいムダ毛の自己処理。黒ずみが気になる部位は?

2015年8月24日

自己処理をすると、最も黒ずみそうな部位といえばどこですか?

体のムダ毛は、定期的に処理してきれいにしておきたい、と思う人が多いのではないでしょうか。脇やVラインなど目に触れにくい部分から、脚、指など…ちょっとした瞬間にその人の生活スタイルが垣間見える、気を抜けない部分と言えるでしょう。
でも、自己処理をする際、気になるのが黒ずみですね。何気ない動作や薄着になるようなシーンでも、皮膚の一部が黒ずんで見える印象は避けたいもの。できるならば全身赤ちゃんのような健やかな肌でいたいですよね!
そこで、ムダ毛の自己処理の際、最も黒ずみそうな部位はどこか、男女100人にアンケートで調査してみました。

【質問】
自己処理をすると、最も黒ずみそうな部位といえばどこですか?

【回答数】
脇:50
Vライン:38
ひざ下:7
指:2
その他:3

処理回数も一番多いから、黒ずみが心配!脇と回答した人が半数

アンケートの結果、「脇」と回答した人が最も多く、5割を占めました。

・どうしても一番処理してしまう部分なので、肌への負担が大きいと思うため。(40代/女性/契約派遣社員)

・実際、自分で処理していて脇が一番黒ずんでしまっていると思う。(20代/女性/専業主婦)

・普段は腕を閉じていて、皮膚が柔らかそうで案外と繊細な部分だと思うから。(30代/女性/会社員)

・自分で毛を処理するようになってから黒ずみで気になっているのは脇で、どのようにしたら黒ずむことなく処理できるのか知りたいです。(30代/女性/無職)

脇は、ムダ毛処理をする回数も多く、肌への負担を気にする人が多い事が分かりますね。また、皮膚が柔らかく、デリケートな部分と感じる人もいるようです。実際に、自己処理により一番黒ずんでしまっているのが脇、という意見が多く、肌への繰り返しの負担が黒ずみを悪化させてしまうことは事実のようです。黒ずみを起こさないためにはどうしたらいいのか知りたい、という切実な声も聞かれますね。

Vライン、ひざ下、指…気になるから自己処理、ますます黒ずむ!

アンケートの結果、「Vライン」、「ひざ下」、「指」という順になりました。

・デリケートゾーンはお肌が薄いので、簡単に黒ずみが出来てしまいそうです。(20代/女性/自由業・フリーランス)

・もともと脚の付け根部分は黒ずんでるのに、自己処理をしたらなおさら黒くなりそう。(40代/女性/契約派遣社員)

・実際、カミソリで処理し続けていたら、物凄く黒ずみがひどくなったので。(30代/女性/専業主婦)

・膝下を自己処理していたら、黒いポツポツがいくつもできて汚くなった経験があります(30代/女性/パートアルバイト)

・いつも露出しているので、無理して処理すると、跡が残って消えなそう。(40代/男性/会社員)

Vラインは、皮膚が薄くデリケートな部分と感じ、負担をかければすぐに黒ずみそう、と不安を覚えるようです。カミソリで処理を続けた結果、実際にひどい黒ずみを起こしてしまった人も見られますね!脚の付け根は下着などの擦れで色素沈着を起こしやすい部分。既に色の濃い部位を更に黒ずませてしまう不安が読み取れます。
露出の機会の多い膝や指も、キレイに保ちたい部分ですよね。ムダ毛が気になり、自己処理を繰り返すことで、逆に皮膚の負担を増やし黒ずませてしまっているとも言えそうです。

脱毛で肌のアンチエイジング!美容整形外科や皮膚科で相談を

皮膚の黒ずみは、自己処理による負担が大きいほど、その程度も重くなる事が伺えますね!
脇は、他の部位に比べ処理する回数が多い部分と言えそうです。デリケートで色素沈着を起こしやすいVラインも、薄着になるシーンではぜひ美しく手入れしたい部位ですね。ふとした動作で目が行きやすいひざ下や指先がきれいだと、印象もぐっと上がりそうです。
でも、気になるからといって、頻繁に自己処理を繰り返すと、かえって事態を悪化させてしまうかも…?
肌の黒ずみは、皮膚の疲れや老化を感じさせ、若々しさや爽やかな印象の妨げになる危険性大!美容整形外科や皮膚科のプロによる脱毛で、アンチエイジングを図りませんか?

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2015年05月29日~2015年06月12日
  • 有効回答数:100サンプル

関連記事

Top