レーザートーニング

レーザートーニング

肝斑とは?

肝臓の形のようにシミ(斑)が広がるため「肝斑」と呼ばれています。
肝斑はメラニン色素が広がりシミが目立つ現象のことですが、これはそばかすや老人性シミと違い、 血管の炎症が原因です。
通常のシミ
そばかす、老人性シミ
炎症由来のシミ
肝斑、日焼けシミ、にきび痕、傷・やけどのシミ
では血管炎症による肝斑(炎症性色素沈着)はなぜ起きるのでしょうか?
実は、肝斑の9割は女性、日本人成人女性の4割には肝斑があると言われており、女性ホルモンが大きく関係しています。それ以外の原因として紫外線による日焼け、肌に合わない化粧品による刺激などが挙げられます。また目の下に起きやすいのは皮膚が薄く、紫外線を受けやすい場所のためです。
肝斑の原因
血管炎症 / 女性ホルモン / 紫外線(日焼け)/ 化粧品による刺激
これまでのシミ取りレーザー治療は、強いビームでシミを焼き、 かさぶたを作ってシミを取る仕組みでした。この仕組みでは炎症を促進してしまいます。
肝斑は血管炎症によるシミのため、これまで肝斑にはレーザー治療はできないものとされていました。
なぜレーザートーニングは
レーザーなのに肝斑・日焼けシミに効くのか?
なぜレーザートーニングはレーザーなのに肝斑・日焼けシミに効くのか?
肝斑は刺激によって濃くなるため、レーザーを照射するとかえってシミが濃くなることがありました。
救世主!!
レーザートーニング
救世主!!レーザートーニング
レーザートーニングは
肝斑の治療のために
開発された治療法なんです!
レーザーの出力を抑えた状態で
肌に余計な刺激を与えることなく
蓄積したメラニンを少しずつ減らしていきます。
※2週間に1回のペースで6~8回が効果的です
レーザートーニングは肝斑の治療のために開発された治療法なんです!

レーザートーニングと
一緒に行うと効果的な治療

PART.01

トラネキサム酸イオン導入
トリプルエッセンスイオン導入
高濃度のトラネキサム酸液を塗り、その上から微弱な電流を肌にあて、肌の真皮層に美容成分を浸透させます。
肝斑、シミ、くすみ、そばかすなど美白や肌荒れに効果があります。

所要時間:20分程度
1回 / 4,000円

PART.02

トラネキサム酸5%クリーム
(自宅で塗布)
トラネキサム酸5%クリーム
多くの美白剤は刺激が強いため、顔や目元に塗ると、かぶれや赤くなってしまうことがあります。
トラネキサム酸は、元々は炎症止めで(風邪薬や歯槽膿漏の歯磨き粉、ニキビの塗り薬など)、最近は市販の美白化粧水でよく見かけるようになりました。
トラネキサム酸を市販するには医薬部外品の指定を取る必要があり、未開封で3年の品質が求められます。
濃度を高くすると3年維持できないため、市販の濃度は2%以下といわれています。
当院では5%クリームを調合し処方しております。
その代わり、開けると半年です。
5g / 3,000円
10g / 6,000円

PART.03

トラネキサム酸、ビタミンC、ビタミンE
(内服用1ヶ月分:各90錠)
トラネキサム酸、ビタミンC、ビタミンE
市販では「トランシーノ」と呼ばれ、クリニックでは「トラネキサム酸-トランサミン」と呼ばれる内服薬です。
ビタミンC、ビタミンEの錠剤も同時に処方しますので、1日3種3回×30日の1ヶ月合計270錠で5,000円。内服を開始して1ヶ月ほどで効果がでてきます。
シミ内服セット / 5,000円
注意として成分に止血効果があり(だから歯槽膿漏のハミガキ粉に含有されています)、心筋梗塞、脳梗塞の恐れがある方は内服できません。また、ピル服用中や治療のためにトロンビン・女性ホルモンを使用されている場合は、それらにも止血作用があるためNGです。重大な副作用の報告はありませんが、当院では安全第一のため、2ヶ月内服後は2ヶ月間休薬していただくことを推奨しております(休薬期間中は、ビタミンC、ビタミンEの内服をお勧めします)。副作用として、消化器症状(食欲不振、悪心、嘔吐、下痢、胸やけなど)と過敏症(そう痒感、発疹等)が起こることがあります(0.1%~1%未満)。

レーザートーニングの効果

7回照射

レーザートーニングの効果 BEFORE
BEFORE
レーザートーニングの効果 AFTER
AFTER

8回照射

レーザートーニングの効果 BEFORE
BEFORE
レーザートーニングの効果 AFTER
AFTER

7回照射

レーザートーニングの効果 BEFORE
BEFORE
レーザートーニングの効果 AFTER
AFTER

PRICE料金

全顔(3000ショット) 12,000円 / 1回
50,000円 / 5回
顔全体 ショット追加 1,000円 / 500ショット追加
1,500円 / 750ショット追加
2,000円 / 1000ショット追加
部分的(目の下など500ショット) 6,000円 / 1回
7,000円 / 通常1回
3,500円 / 顔照射と同時の場合
両手 7,000円 / 通常1回
3,500円 / 顔照射と同時の場合
7,000円 / 通常1回
3,500円 / 顔照射と同時の場合
マックスピール照射(顔全体)
※レーザートーニング顔照射と同時で
8,000円 / 1回
※施術価格はすべて税別です
副作用とリスク

RISK副作用とリスク

施術時間
15分程度
ダウンタイム
ほぼなし~1時間以内
メイク
施術直後から可能
頻度
2週間おきに5~6回程度
副作用
赤み・乾燥・ほてり・湿疹・かゆみ
施術後は肌が敏感になっているため、十分な保湿ケアやUVケアを心がけてください。
妊婦・授乳中の施術
妊婦:× 授乳:△
注意事項
※効果には個人差がございます。
※初診料 3,000円(税別)
※再診料(相談のみの場合) 2,000円(税別)
※湿疹が出ることがあります。(数日で収まります)