肝斑治療の救世主
ピコトーニング

肌

ピコレーザーは、元々タトゥー除去のために開発されたレーザーで効果が高く、それを肝斑治療に応用したのがピコトーニングです。
厚生労働省承認機の“エンライトン®︎SR”を使用します。
肝斑治療の救世主【ピコトーニング】
厚生労働省承認機

赤坂ビューティークリニック 院長 青山 秀和

肝斑とは

肝臓の形のようにシミ(斑)が広がるため「肝斑」と呼ばれています。
肝斑はメラニン色素が広がりシミが目立つ現象のことですが、これはそばかすや老人性シミと違い、血管の炎症が原因です。

ピコトーニングと名乗っていても、全てが同じではありません。

「ピコレーザー」と名乗っているレーザーは、中国製などメーカー違いで数十ありますが、 厚生労働省の承認を取っている正規の「ピコレーザー」は、今のところ米国キュテラ社製の 「エンライトン」と、 米国シネロン・キャンデラ社製の「ピコウェイ」の数社しかありません。

当院では厚生労働省承認機の“エンライトン®︎SR”を使用します。
厚生労働省承認というのは、「効果」「安全性」「副作用の少なさ」などを、 国からのお墨付きがあることを意味します。

厚労省承認番号 22800BZX00138000
そもそも「ピコ秒」で発振させる技術がとても難しく、
厚生労働省の承認がなかなか取れません。
承認が取れていないピコレーザー(中国製など)は、
本当にピコ秒でレーザーが出ているとは限りません。

そもそもピコとは・・?

通常のレーザーは「ナノ秒」(10億分の1秒、10-9)で出ていますが、
ピコ(1兆分の1秒、10-12)の単位に短縮したのがピコレーザーです。
1発あたりの照射時間(パルス幅)が短くなればなるほど、色素を分解するパワーがあがります。
これを、「ピークパワーがあがる」といいます。
例えると、普通電車が駅を通過するのと、新幹線が通過するのでは、新幹線のほうがその威力が増すのと同じイメージです。
また、レーザーがあたっている時間が短いほど、効果は今まで以上にもかかわらず肌への負担が少ないため、レーザー照射後の炎症性色素沈着等は起こりにくいのです。
ピコとは
ピコトーニング
※個人差やお肌の状態によります。

施術の流れ flow of treatment

問診票に記入

step 問診表の記入

問診票へ記入をお願い致します。
クレンジング、洗顔

step 洗顔

クレンジング&洗顔をしていただきます。
カウンセリング

step カウンセリング

肌のお悩みについて医師のカウンセリングを受けて頂きます。
ピコトーニング

step ピコトーニング

ピコトーニングを照射します。
ビタミンC&コラーゲンパック

step ビタミンC&コラーゲンパック

最後はビタミンCとコラーゲンのパックで仕上げを行います。

ピコトーニングと一緒に行うと効果的な治療

トラネキサム酸イオン導入

NO.トラネキサム酸イオン導入

● 1回 4,000円

微弱な電流を肌にあて、肌の真皮層に美容成分を浸透させます。
肝斑、シミ、くすみ、そばかすなど美白や肌荒れに効果があります。

所要時間:20分程度

トラネキサム酸5%クリーム(自宅で塗布)

NO.トラネキサム酸5%クリーム(自宅で塗布)

● 5g 3,000円
● 10g 6,000円

多くの美白剤は刺激が強いため、顔や目元に塗ると、かぶれや赤くなってしまうことがあります。 トラネキサム酸という、元々は炎症止めで(風邪薬や歯槽膿漏の歯磨き粉、ニキビの塗り薬など)、最近は市販の美白化粧水でよく見かけるようになりました。
トラネキサム酸を市販するには医薬部外品の指定を取る必要があり、未開封で3年の品質が求められます。濃度を高くすると3年維持できないため、市販の濃度は2%以下といわれています。
当院では5%クリームを調合し処方しております。その代わり、開けると半年です。

トラネキサム酸、ビタミンC、ビタミンE(内服)

NO.トラネキサム酸、ビタミンC、ビタミンE
(内服)

● シミ内服セット 5,000円(1ヶ月分:各90錠)

市販では「トランシーノ」と呼ばれ、クリニックでは「トラネキサム酸-トランサミン」と呼ばれる内服薬です。ビタミンC、ビタミンEの錠剤も同時に処方しますので、1日3種3回×30日の1ヶ月合計270錠で5,000円。内服を開始して1ヶ月ほどで効果がでてきます。

注意として成分に止血効果があり(だから歯槽膿漏のハミガキ粉に含有されています)、心筋梗塞、脳梗塞の恐れがある方は内服できません。
また、ピル服用中や治療のためにトロンビン・女性ホルモンを使用されている場合は、それらにも止血作用があるためNGです。 重大な副作用の報告はありませんが、当院では安全第一のため、2ヶ月内服後は2ヶ月間休薬していただくことを推奨しております(休薬期間中は、ビタミンC、ビタミンEの内服をお勧めします)。 副作用として、消化器症状(食欲不振、悪心、嘔吐、下痢、胸やけなど)と過敏症(そう痒感、発疹等)が起こることがあります(0.1%~1%未満)。

ソフトピーリング(グリコール酸)

NO.ソフトピーリング(グリコール酸)

● 1回 4,000円

ピーリングはくすみや肌あれ、シミや小ジワなど様々な肌トラブルの原因になる厚く積み重なった古い角質や汚れを取り除き、ターンオーバーを整え、みずみずしい肌へと導く治療です。

乳酸ピーリング

NO.乳酸ピーリング

● 1回 6,000円

乳酸ピーリングとは古い角質を取り除いてターンオーバーを正常化する角質ケアのことで、ニキビ・角化症・細かいシワやくすみ・シミ・美白・ニキビ跡などの色素沈着・老化予防などに効果があります。 乳酸ピーリングは分子量が大きく、ゆっくり浸透するため、皮膚表面に留まる時間が長く、美白に効果的です。また乳酸には優れた保湿効果があります。肌の弱い方や高齢者の方にも安心の施術です。

副作用とリスク Risk

稀ですが、照射後に湿疹がでることがあります。
洗顔を水洗いでこまめにしていただくと数日で治りますが、
ご心配な場合は、抗生剤入りステロイドクリームを処方いたします。
※500円(税別)
副作用とリスク
【施術時間】15分程度
【通院頻度】2週間おきに5~6回程度
【ダウンタイム】ほぼなし~1時間以内
【妊婦・授乳中の施術】妊婦 × 授乳 △
【洗顔・メイク】施術当日から可能
【副作用】赤み・乾燥・ほてり
施術後は紫外線対策をしっかり行い、照射した箇所への刺激を避けてください。
注意・特記事項
※効果には個人差がございます。
※初診料 3,000円(税別)
※再診料(相談のみの場合) 2,000円(税別)
※湿疹が出ることがあります。(数日で収まります)
下記の方はお受けいただけません。
心臓疾患(ペースメーカーをご利用のなど)
体調の優れない方
飲酒をされている方
施術部位に金属プレートやシリコンを埋めている方
施術部位に感染症、傷、皮膚疾患がある方
出血性疾患、ケロイド体質の方

院長メッセージ message

皆さまの笑顔を作る
お手伝いをいたします。
ピコトーニングと名乗っていても厚生労働省承認機は数が限られています。
当院では厚生労働省が正式なピコレーザーとして認めた米国キュテラ社製の「エンライトン」を使用しております。
ピコレーザーは何という会社の何という機種を使っているかが非常に重要になります。
ピコレーザーをお受けになられる際にはじぶんご確認をお願いします。
赤坂ビューティークリニック 院長 青山 秀和
赤坂ビューティークリニック 院長 青山 秀和

施術メニュー menu

※価格は全て税別です。
費 用▼
全顔(3000ショット)
1回 20,000円
5回 85,000円
部分(目の下など500ショット)
1回 8,000円

顔全体(ショット追加)

500ショット追加
+1,000円
750ショット追加
+1,500円
1000ショット追加
+2,000円

通常1回
9,000円
顔照射と同時
4,500円

両手

通常1回
9,000円
顔照射と同時
4,500円

通常1回
9,000円
顔照射と同時
4,500円
他の治療との組み合わせ
ピコフラクショナル(鼻)
1回 7,000円
ピコトーニング顔照射と同時施術の場合

よくある質問 question

Q レーザーを照射している時は痛いのですか?
A 照射中、チクチクした痛みがありますが、涙がでるほど痛いというほどでは ありません。
麻酔クリームのご用意はありますが、ほとんどの方が使われておりません。
Q 1度の施術できれいになりますか?
A 最初のうちは2週間に1回のペースで5回が1クールです。
メンテナンスとしては、その後、1~2か月に1回の照射をお勧めします。
Q すぐに化粧ができますか?
A 治療後にかさぶたができたり、赤みが続くことはほとんどありませんので、すぐにメイクすることができます。
稀ですが、照射後湿疹がでることがあります。洗顔をこまめにしていただくと数日で収まります。
Q 普通のシミにも効果がありますか?
A かさぶたにはならないので、剥がれて取れることはありませんが(剥がして取りたい場合は、YAGヤグレーザーをお勧めします)、自然に薄くなります。
また、毛穴改善効果、ハリ改善、うぶ毛の改善など肝斑以外にも効果があります。
Q 普通のレーザートーニングとどちらが効果がありますか?
A ピコトーニングのほうが効果を実感される方が多いです。
また、ピコトーニングのほうが少ない回数で効果を実感される方が多いのも特徴です。