ゼオミン

ゼオミン

ゼオミン
ボトックス注射をしても「効かない」 「効果の持続が短い」と思った事はありませんか?

Xeomin(ゼオミン)

ゼオミンは、FDA(アメリカ食品医薬品局)承認のボトックスです。
含有タンパクが少なく、繰り返しの利用でも抗体ができにくいため、継続治療が可能です。
ゼオミン

ボトックスで心配なのは「抗体」です。

シワ改善の注射で有名になったボトックスですが、中国製や韓国製の安い製品もあります。これらは、不純タンパク質の含有量が多く(特に、豚のゼラチンなど)、アレルギーで注入部位が腫れたり赤くなったりすることがあります。何より、心配なのは「抗体」です。

「抗体」とは、たんぱく質が体内に入った際、それを排除しようとする体の防御反応のことです。粗悪なボトックスは不純タンパク質がたくさん入っていて、注射すると「抗体」が起こりやすくなり、ボトックス自体もたんぱく質のため、一緒にお薬まで排除されてしまい、効果が無くなったり、持続期間が短くなってしまう恐れがあります。

正規品は米国のアラガン社の製品で、中国製などの粗悪品と比べ、含有たんぱく質の量が約1/10です。(ボトックス自身もタンパク質のため、含有ゼロにはできません)そのため、アラガンのボトックスは「抗体」がでにくいと言われています。

ドイツ製のゼオミンは、含有たんぱく質の量が、アラガン社製と比べ、約1/8になっていて、抗体が発生するリスクがより少ないお薬です。また、ゼオミンは常温のお薬なので、高熱にさらされても薬効が下がることがほとんどないことがわかっています。一方ボトックスは冷凍のお薬の為、注射直後にサウナやホットヨガを受けると、効果が下がったり、持続期間が短くなるのは有名な話しです。

ゼオミンとボトックスはここが違う!

POINT.01

抗体産生カイゼンで継続治療が可能に!
『シワ取りや多汗症改善の注射=ボトックス』というほど、これまで、シワ取り・多汗症の治療にはボトックス(アラガン社製)が多く用いられてきました。
しかし、ボトックスには薬剤の中に含まれるタンパク(複合タンパク)の含有量が多いため、そのタンパクに対する抗体(中和抗体)が体内にできやすく、繰り返し利用をすると効果が出にくくなったり、効果の持続が短くなることがありました。 そこで、そのタンパクを大幅に低減し、抗体をできにくくして繰り返しの利用を可能にしたのが、このゼオミン(Merz社製)なのです。

POINT.02

常温製剤なので安心!
ボトックスは生成方法の都合から、保管方法が「冷凍保管」となっています。そのため、輸送経由の確立や温度管理の維持が難しく、海外からの輸送時に解凍されて薬効が落ちてしまう、というリスクがありました。
一方、ゼオミンは「常温保管」が可能なため、温度変化による影響で薬効が落ちるといった心配がありませんので、常に一定の効果を期待することができます。

PRICE料金

シワ効果 額/50,000円
両めじり /35,000円
みけん /35,000円
シワ2本セット
(額・めじり・みけんで各1本消化です)
未使用分は購入日から2年間保管できます。
65,000円
小顔 エラ(小顔) /68,000円
脚痩 ふくらはぎ /105,000円
※施術価格はすべて税別です
副作用とリスク

RISK副作用とリスク

施術時間
20分程度
ダウンタイム
ほぼなし~1時間以内
洗顔・メイク
施術当日から可能
頻度
年2回程度
副作用
むくみ・内出血
注射部位のマッサージは1週間避けてください。
妊婦・授乳中の施術
妊婦:× 授乳:×
注意事項
※麻酔・針代は別途費用がかかります。
※効果には個人差がございます。
※初診料 3,000円(税別)
※再診料(相談のみの場合)2,000円(税別)
※塗る麻酔(30分ぐらい時間を要します) 一部位左右 200円(税別)
※効果がでるまでシワは数日、エラ改善は1ヶ月かかります。
※2週間以内のシワへの再注入(タッチUP)は3,000円で承っております。
(同一部位、1回限り)
※1週間程度内出血が生じることがあります。