顔や身体に出来やすいシミや肝斑!貴女が行なう対処法とは?

2015年4月29日

しみや肝斑ができてしまったときのあなたの対処法は?

顔や体に出来やすいシミ、主に顔に出来る肝斑には様々な原因があります。夏の紫外線が大きく関係していると思われるので紫外線対策が欠かせないものになるかもしれませんよね。しかし、対策や予防をしていてもシミや肝斑が出来てしまう場合もあるので、どのような対策を行なうのが良いのでしょうか。
というわけで、シミや肝斑が出来た時に行う対処法は何かアンケートを取ってみました。

【質問】
しみや肝斑ができてしまったときのあなたの対処法は?

【回答数】
市販の薬を購入する:47
皮膚科に行く:17
クリニックに行く:7
その他:29

薬を使って様子を見る?市販薬を使って改善出来ないか考える!

アンケートの結果によると、約5割の人が市販薬を購入すると回答していました。

・薬局で薬剤師さんに相談し、勧められたものを購入します。時間もないし、お金も一番安上がりだから。(20代/女性/専業主婦主夫)

・とりあえず市販の薬で試してそれでも駄目だったら医療機関にいきます(30代/女性/会社員)

・医者に行くのは、時間もお金もかかりそうなので、とりあえず市販薬。(40代/女性/パートアルバイト)

・まず市販の薬を試してみてから、改善しない様だったらクリニックへ行く。(40代/女性/自由業

・フリーランス)

シミや肝斑が出来てしまうと身体に何か異常があるのではないかと心配になりますが、病院などに行くとお金がかかりますし、治療に時間が必要となる場合もあるようです。その点、薬剤師から勧められた市販薬などで状態が改善されればそれで満足出来ますし、時間もお金もあまりかからないでしょう。市販薬で改善されないようであればクリニックや医療機関へ行く選択肢が出てくるので、市販薬は一旦様子をうかがう為のものなのかもしれません。

自分ではどんな状態か分からない為、皮膚科などに行くのが得策?

そして皮膚科に行くという人は約2割であり、クリニックに行くという人は約1割でした。

・自分では全くよく分らないので、気になったら多分皮膚科に行くと思います。(30代/女性/無職)

・皮膚科に行きしみの状況を知ることが大事だと思う。実際行けば、飲み薬か塗り薬か適切な処置をしてくれる。(30代/女性/専業主婦主夫)

・下手な市販薬やサプリメントにお金をかけるよりクリニックで総合的な薬を処方していただくのが効果的だからです。(40代/女性/専業主婦主夫)

・しみか肝斑かを素人が判断するのは難しいため、医師に診察していただいた方が確実だからです。(20代/女性/パートアルバイト)

シミや肝斑が出来たからとはいえ、素人の判断で市販薬などで対処するのはあまり効果的ではなさそうです。もしかしたら間違った対処法かもしれませんし、時間やお金がかかるといっても直接皮膚科やクリニックに行って医師の正しい処方を受けるのがより効果的かもしれません。自分のシミや肝斑がどんな状態なのか判断出来れば対処もしやすいですし、より短期間で改善が見込めると考えられます。

市販薬で対処するが、皮膚科などに行くことも検討した方が良い?

以上のアンケート結果では約半分の人が市販薬で対処すると回答していましたが、市販薬よりも皮膚科やクリニックに行って対処した方が良いと考える人も少なからずいるということがうかがえました。
最近ではシミや肝斑を改善する為の市販薬が開発されているので、迷ったら時間やお金のかかりそうな皮膚科やクリニックに行くよりも市販薬で対処する方が効率的だと言えるでしょう。しかし、素人の考えではシミや肝斑の状態がどんなものかまでは正確には分かりませんし、下手に市販薬に頼るよりも医師の診断を聞いた方が良い場合があるかもしれませんね。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:女性
  • 調査期間:2015年02月03日~2015年04月08日
  • 有効回答数:100サンプル

関連記事

Top