肌のたるみには前兆が!思い当たることはありませんか?

2015年7月6日

今思えば!あなたの肌のたるみの前兆はどんな症状でしたか?

年齢とともに気になってくるのが肌の衰え。中でも気になるのはたるみです。シミやクマなどはメイクで隠すことができても、たるみによるフェイスラインの崩れは隠すことができないので、本当に困ったもの。防げるものなら何とか防ぎたいと思っている人も多いかもしれませんが、実はこのたるみには前兆となる現象があったんです!皆さんは果たしてどんな前兆を感じていたのでしょうか?アンケートをとってみました。

【質問】
今思えば!あなたの肌のたるみの前兆はどんな症状でしたか?

【回答数】
目元や目じりの小さなしわ:31
目の下のクマ:32
鼻から口にかけての縦ジワ:13
目元がくぼむ:7
その他:17

肌にたるみをもたらしたのは、意外にも!?

アンケートで最も多かった回答は、「目の下のクマ」でした。

・クマのような違和感から顔面にはりがなく、たるみが気になり始めたと思います。(30代/女性/会社員)

・寝不足などで出来るクマとはまた違う感じのクマが出てきた頃から、たるみが出てきたのかなと思います。(30代/男性/自営業(個人事業主))

・昔から目の下にクマがあったんですけれどね、血行が悪すぎました・・・(40代/女性/会社員)

たるみの前兆はしわかと思いきや、「クマ」というのがちょっと意外だったかもしれませんね。でも、クマがあるということは血行が悪いということ。それが肌の衰えにつながっている、というのは確かにあることかもしれません。若い頃は単に寝不足のせいかな、と思っていたクマも、やがて慢性化してついにはたるみに…と考えると恐ろしくなりますね。

目尻、まぶた、口元…徐々に忍び寄る肌の衰え

2番目に多かったのが僅差で「目元や目じりの小さなしわ」、以下「鼻から口にかけての縦ジワ」「目元がくぼむ」「その他」となりました。

・20代後半から笑うと目元や目じりに小さなシワが目立つようになっていたので、それから肌のたるみが出てきたのだと思います。(30代/女性/無職)

・25歳を過ぎたあたりから、初めてほうれい線と目の下の小じわを気にするようになった。(20代/女性/専業主婦)

・鼻から口にかけての縦ジワに気づき、ほうれい線が気になるようになりました。(30代/女性/専業主婦)

・アイメイクがだんだん上手くいかなくなり、まぶたが下がってきた事で、顔全体のたるみを意識した。(40代/女性/契約派遣社員)

・毛穴の開きから始まって、肌がたるむことによって、顔が全体的に四角くなってきたことです。(30代/女性/専業主婦)

目元は皮膚が薄いだけに老化も早く、早い人では20代で変化を感じている人もいるようで油断できません。また気になる肌老化の代表格ともいえる「ほうれい線」をあげている人もいますが、ここまでくると前兆というよりはほぼたるみそのものとも言えるかもしれません。まぶたのたるみやが原因となり、顔全体がたるんだ印象になってしまうと一気に老けた印象になりやすいため、そうならないようなケアを考えたいものですね。

アンチエイジングは小さな変化に気づくことから

老化は誰にも訪れるもの、とわかってはいても、鏡の中に「老い」を見つければやはりショックなもの。最初は小さなしわやクマが、やがてたるみにつながろうとは若い頃には思いもしないでしょう。確かに老化を止めることはできないものの、早いうちから適切なケアをしていれば「遅らせる」ことができるかもしれません。そのためには日々自分の肌と向き合い、小さな変化も見逃さないことが大切です。美容皮膚科をうまく利用することも、アンチエイジングには効果的ではないでしょうか。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2015年05月29日~2015年06月12日
  • 有効回答数:100サンプル

関連記事

Top